ここはこれまで書き散らかされ、 またこれから書き散らかせれていく文書が、
埃にまみれつつも大切に保管されている文書室である。

気が向いた方はお読み下さい。