この日誌は、書き加えられる度ごとに日付けが更新されるという奇妙な日誌である。

つまり、この日誌内での一日は、現実には1時間後かもしれず、
はたまた1年後かもしれないというわけである。

この日誌では現実と日誌上との二つの時間が交差しており、
この性質からもこの日誌に書かれた内容が実際の出来事なのか、
或いはこの日誌上での架空の出来事なのか、
それは誰にも解らない。